脱税弁護の相談は03-5293-1775まで 脱税弁護の相談は03-5293-1775まで
脱税弁護のお問い合わせ

ご相談にいらっしゃるタイミングについて

2016.01.20

最近、逮捕直前になってご相談に来られる方が多いです。
国税局の調査に対して容疑を否定し、検察の捜査が開始されて不安になり、弁護士に逮捕回避のご相談をされたとしても、検察組織内部で一度決定した逮捕の方針を覆すのは困難です。
検察の任意取調べが始まったということは、逮捕される可能性が高まったと思った方がよい場合があり、ご相談に来られたと思ったらすぐに逮捕されてしまったという例もあります。
今後の見通し、逮捕の可能性、逮捕回避の方法等を考えるためにも早期にご相談ください。